新しい呼吸器のセミナーに参加しました。医療機器はどんどん改良されて機能が搭載されていくけど、それを扱うには常に勉強が必要なんですよね・・・。

新しい呼吸器のセミナーに参加しました。医療機器はどんどん改良されて機能が搭載されていくけど、それを扱うには常に勉強が必要なんですよね・・・。

私は一般病院の病棟で働いています。
最近の医療の進歩というのは、とても目覚ましいものがあって、毎月いろいろな勉強会が行われています。
病院内での勉強会の他に、製薬会社や医療機器のメーカーが主催する勉強会も沢山行われています。
そのような状況からも、医療は日に日に進歩しているんだな、という事が良くわかります。

私は先日、医療機器メーカーが主催する、新しい呼吸器のセミナーに参加しました。
正直なところ、勉強するのは苦手で、勉強会に参加するのは面倒だと思ってしまうんですが、このような会に参加しないと、
新しい知識や技術を身につける事ができません。
もし勉強していない為に、現場でミスを犯したりしたら、大変な事になってしまいます。
ですから、できるだけ積極的に参加するようにしています。

新しい医療機器というのは、いろいろな改良がされていて、新しい機能も搭載されていますから、取り扱いもかなり高度です。
そのような高度な医療機器を使用する為には、医療従事者がしっかりと扱い方を把握する必要があります。
勉強会では、人工呼吸器の機械の操作だけではなく、呼吸ケアに必要な知識など、いろいろな事を勉強しました。
現在は、臨床工学技士という、機械を操作したり点検する専門職の方もいますが、看護師の私達も、
知識や技術を身につけておく必要は充分にあります。

でも、臨床工学技士がいてくれるので、看護師の負担はとても軽減されています。
専門職の方が操作や点検、回路交換を行ってくれているので、私達看護師は、安心して業務をする事ができています。
高度な医療機器を扱うのは本当に大変な事ですから、臨床工学技士のような専門職の方がいるととても助かりますし、
感謝しています。

2014年10月23日|