看護師が仕事を辞めたいと思う時って「医療ミスが怖い」時なんだって!最近は医療訴訟も増えたり、クレームをつける家族や患者が多いですしね。

看護師が仕事を辞めたいと思う時って「医療ミスが怖い」時なんだって!最近は医療訴訟も増えたり、クレームをつける家族や患者が多いですしね。

pixta_2284119_S.jpg
看護師の仕事って、肉体的にハードだったり、精神的にキツイことの多い仕事ですよね。

また、人間関係の悪い職場が多いことでも有名です。

だから、家庭との両立が難しいとか、人間関係に疲れたとか、看護師の仕事から離れてしまう看護師も多くいます。

しかし、看護師が仕事を辞めたくなる一番の理由は、
「医療ミスが怖い」
と思った時なんですよね(T ^ T)

誰しも、ヒヤッとした事や、ドキッとするような事を経験した事があると思います。

患者さんの命に関わる事態にはならなかったものの、一歩間違えれば...というようなヒヤリハットやインシデントを経験した事のあるナースは多くいますよね。

一度ミスを起こすと、緊張からまたミスを繰り返してしまったり、精神的にダメージが大きくなりますよね>_<

看護師の仕事は、万が一ミスを起こせば、患者さんの命に関わることがある責任の重い仕事です。

だから、ミスを起こさないよう十分に注意をして働いているつもりです。

しかし、医療ミスはどんなに気をつけていても、絶対に防ぐことは難しいんですよね。

たとえ患者さんの命に別状はなかったとしても、一度でもミスを起こすと、また次に同じことを起こしてしまったどうよう...と不安が大きくならます。

一昔前までは医療訴訟は患者さん側に勝ち目がないと言われていました。

しかし、最近はそんなことはないですよね。

ネットの普及などで、すぐに医療事故などが世間に知れ渡るようになりました。

マスコミも、医療事故となると、あることないことこぞって記事に書き立てます。

テレビや新聞では、ある程度のプライバシーは守られても、ネットの世界ではプライバシーなど守られたものではありません。

実名報道や、写真、家族の情報までが出回ってしまうのです。

たとえ、医療写真側に悪意はなかったとしても、まるで悪者かのように書き立てられるのは本当に見ていて辛いですね。


そんなリスクが沢山ある中、看護師は常に責任の重い仕事を課せられています。

それでも、何かとクレームをつけては、「訴えてやる!」と脅してくる患者さんや、その家族...。

そんなことから医療現場を離れていく看護師も少なくありませんね...(u_u)

2015年1月20日|